google-site-verification=aqYv2GfNwVDg6ZktdAKBZLGnEq00gdk72SReD8ucDTk

アクタージュ 新しいジャンプ漫画の形! 話題の作品を紹介【おすすめ漫画・ネタバレ・感想】

アクタージュ 新しいジャンプ漫画の形! 話題の作品を紹介【おすすめ漫画・ネタバレ・感想】
アクタージュ 1巻

作品概要

①作者:漫画:宇佐崎しろ 原作:マツキタツヤ
②発行所:集英社
③掲載雑誌:週刊少年ジャンプ

作品紹介

アクタージュは『演技』をテーマにした作品です。可愛い女主人公が女優として様々な作品に出演、成長していくといった物語。1話を読んでまず思ったのが『ジャンプで女主人公って有り得たんだ』ってことでした。2話を読んで思ったのは『いきなり絵が荒くなっとるけど大丈夫か!?』でした笑今は安定して美しい絵で連載されています。

おすすめポイント

アクタージュの面白さは『演技で戦う』ところ。
まるでバトル物を読んでいるかのような
感覚になるんだけど、展開されるのは映画、舞台の演技シーン。

これの良さって『ライバル(敵)が悪でない』ということなんです。
バトル漫画のライバルといえば主人公と対立することが前提なのですが
(例外あり、ナルトとサスケとかね。ただの痴話喧嘩の可能性もあり)
アクタージュは同じ作品に出ている
『共演者』がライバルという面白い構図。
バトル漫画では勝敗がつき、勝った方負けた方が出てきますが、
アクタージュでは戦えば戦うほど
出演している作品の質が上がるということになるので、
主人公だけじゃなくて出演者全てが好きになるシステム。
ライバル(敵)に見えるけど、
同じ作品を作っている共演者なので実は仲間なんです。

もはやこれは新しい漫画の形と言っても過言ではありません。
『バクマン』とかがかなり近い形。
バクマンではそれぞれの漫画で連載を取り合っているけど、
広く見るとジャンプを盛り上げようとしている全員仲間なわけで。

アクタージュは形式は新しいんですけど、
内容はしっかり少年漫画しているところが
読者に支持されるポイントになってるように感じます。
天性の素質だったり、テクニックを使ったり、
努力が実を結んだり、修行があったりね。
ほんと、リアルファイトがないだけのこれはもはやバトル漫画です。

こんな人におすすめ

綺麗な絵が好きな人
 アクタージュの絵はとても綺麗で可愛くて見ているだけで幸せになれます。
グロが苦手なバトル好きな人
 バトル物の熱い展開は好きだけど、血とか欠損とかが苦手って人には
 かなりおすすめです。

アクタージュが気に入った人におすすめの漫画

ランウェイで笑って(ファッション系)

ひらけ駒(将棋)