google-site-verification=aqYv2GfNwVDg6ZktdAKBZLGnEq00gdk72SReD8ucDTk

お仕事系漫画10選【2020年 おすすめ漫画】

お仕事系漫画10選【2020年 おすすめ漫画】

『テラモリ』 作:IKO
小学館 裏少年サンデーコミックス

あらすじ
時給に目がくらみ洋服(スーツ)屋で働くことになった主人公が、
その奥深い世界に引き込まれて行くお話。

おすすめポイント
スーツについての専門知識が身につく(しっかり読めば)
それもそのはず、作者のIKO(敬称略)はスーツ屋で働いていたそうな。
「漫画を読みながらちょっとスーツの事知りたいな」
そんな人におすすめの作品です。

『Stand by me 描クえもん』 作:佐藤 秀峰
リイド社

あらすじ
漫画家を目指す主人公の前に自称『未来のお前』のおっさんが
現れて色々とアドバイスをするというお話。

おすすめポイント
とにかくリアルっぽい漫画家の闇を描いているという点。
実際に話を考えているのは主人公なのに、
原作者を名乗る原案者。
公式に否定はしないせず、作家を大切にしない出版社。
連載しているときだけ寄ってくる女。
どこまでがリアルなのでしょうか。
人気作家が書く作品なだけに、実際の業界で
あった話なのではないかという気になります。
佐藤 秀峰(敬称略)は『海猿』の作者でもあるのですが
まさか実話をベースに…と色々考えてしまいます。

『コウノドリ』 作:鈴ノ木ユウ
講談社 モーニング

あらすじ
孤児院で育った産婦人科医の主人公が妊婦と赤ちゃん、そして周りの人々を救うために懸命に働くお話。

おすすめポイント
妊娠した時に気をつけるべき様々な事が学べる。「嫁が妊娠したから読んでみよう」はやめておいた方がいいです。不安になりすぎます。妊娠する前に勉強する気持ちで読んでおきましょう。もちろんエンタメとしても面白いのでおすすめです。

『アニメタ』 作:花村ヤソ
講談社 月刊モーニングtwo

あらすじ
小さなころに見たアニメがきっかけでアニメーターになる事を
決めた主人公が実際にアニメーション制作会社に就職し、
原画担当を目指すお話。

おすすめポイント
作者の花村ヤソ(敬称略)は実際に
アニメーターとして仕事をしていた方です。
それだけに現場の雰囲気とかリアルな感じです。
さらにお給料の話は噂通りシビアな世界のようです。
アニメ好きな人に是非読んでもらいたい作品です。

 

『小説王』 原著:早見和真 著:大沢形画

あらすじ
売れない小説家と、昔ながらの熱血編集者。
2人は今の出版業界に大きな不満を持っている。
自分たちの作品で革命を起こし、不況の業界を
ひっくり返そうとする熱血系お仕事漫画。

おすすめポイント
吉田(小説家)と小柳(編集者)の『出版業界をひっくり返す』と
いう強い意志が感じられる作品。

仕事に熱意が持てていない人、仕事を通じて表現したい事がない人
におすすめ。不況の時代をひっくり返すのは自分たちだという
2人の姿勢を見れば、自分の仕事への姿勢も変わるかも。

編集者の小柳は担当作家である吉田の作品に惚れていて、
絶対に面白い物が書けると信じている。
その為に吉田をサポートする。
小柳のもつ『熱』が周囲に伝播していくところが
最高に熱くて、この作品の魅力。

まだ漫画版は2巻しか出ていませんが、原作の小説が
ありストーリーが迷子になる心配がないというのも
安心して勧められるポイントです。

『グラゼニ』原作:森高夕次 漫画:足立金太郎 モーニングKC

あらすじ
『グラウンドには銭がある』それを掘り起こすのが
プロ野球選手という職業。
主人公はプロ野球の中継ぎ投手。
年俸を上げるために試合に臨むプロ野球選手の
リアルが描かれる。

おすすめポイント
プロ野球の熱さという点ではなく
『お金事情』という点にスポットを当てているのが
面白い。
他にこれほど、給料に言及したスポーツ物の作品に
出会ったことがない。
それほどに独創的なアイデアだし、他の職業に
するだけで成立する汎用的なテーマ。

『重版出来!』 作:松田奈緒子 月刊スピリッツ

 

あらすじ
漫画の編集が『重版出来』を目指して頑張る。
クセのある作家、編集者に振り回されつつ新人編集が奮闘する。

おすすめポイント
重版出来、いわゆる重版。
一般的にはなじみのない言葉ですが、
重版がかかる=本が売れている
という事であり、作家にとっても
編集にとっても一番うれしい事です。

読者の視点に近い新人編集者を主人公にすることで
感情移入させ
『編集がいたからこそ、重版がかかった』という瞬間を
描くことで、まるで自分の事のように重版が嬉しくなる
不思議な感覚にさせてくれる作品です。

 

『銀の匙』 作者:荒川弘

あらすじ
受験戦争に敗れた主人公が農業高校に進学して
農業のリアルを学ぶ。

おすすめポイント
主人公が努力家で誠実。
家畜の命を奪うことを真剣に
考えたり、友人の夢の為に協力したり
自身で起業したりと『真剣』さが感じられて
読んでいて自分も頑張ろうと思う。

インベスターZ 作者:三田紀房

あらすじ
中高一貫の有名進学校にトップ入学した主人公が
株、エフエックスなど『投資』を勉強し、
学校の運営資金を稼ぐ。

おすすめポイント
今まで難しいと思っていた『投資』のことを
簡単に説明してくれる。思わずFX用の口座を
作ってしまうくらい。

 

『課長島耕作』 作者:弘兼憲史

あらすじ
大企業で出世をしていく島耕作のサクセスストーリー。

おすすめポイント
大企業のサラリーマン人生がリアルに描かれている。
日本経済、企業間の競争が勉強できる。
女性の口説き方がわかる。
出世は運とタイミングだと悟れる。

他のおすすめ漫画↓
美術、音楽系のおすすめ漫画10選