google-site-verification=aqYv2GfNwVDg6ZktdAKBZLGnEq00gdk72SReD8ucDTk

漫画オタクが選ぶ2019・2020年のおすすめ漫画100選!ジャンル別に作品紹介

漫画オタクが選ぶ2019・2020年のおすすめ漫画100選!ジャンル別に作品紹介

みなさんこんにちは。漫画オタクのがばおです。

私これまで20000冊以上の漫画を読んできた
漫画オタクでございます。

漫画作品のインプットを行い続けて20年以上。
そろそろアウトプットを行って漫画業界に少しでも
恩返しができればと思っております。

この記事ではそんな私が2019・2020年におすすめの漫画を
100作品紹介致します。

※現状10/100作品紹介中。
ジャンル別10作品ずつ追加更新していきます。

ジャンル分けは行いますが、順位付けは行いません。
ここで紹介する漫画は、順位付けがいらないほどに
それぞれが面白いからです。

それでも順位が知りたいよって方はコメントください。
お待ちしております。

美術、音楽系おすすめ漫画10選

『ブルーピリオド』作:山口つばさ
          講談社 アフタヌーンKC

あらすじ
何でも器用にこなすハイスペック器用貧乏の主人公が
初めてハマったものが『美術』だった。
これまでの、目標もなくただ何となく良いとされている道を選ぶ。
そんな人生に別れを告げ、『美術』の世界に飛び込む。

おすすめポイント
ある程度のことはやれば出来て、人生少しなめてる感じの
主人公が、好きな事が出来てのめりこんでいく。
「なんでも頑張ればある程度までは
 いくんだけどね、でもハマるものがなくて」
そんな人器用貧乏を自覚している人にこそおすすめの作品です。
この作品を紹介している私もまさに器用貧乏!
どっぷりはまって努力した事なんてほとんどない。

もしも、この主人公みたいに好きなことが出来たら
同じように人生をかけて追及したいなと感じた作品。

『かくかくしかじか』作:東村アキコ
           集英社 ココハナ

あらすじ
漫画家東村アキコ先生(紛らわしいのでいや敬称略)と
その『絵』の先生とのコミックエッセイ。

おすすめポイント
とにかく、先生が良い。こんな人を恩師って呼ぶんだろうなって。

芸術としての絵を愛する先生。先生の事が大好きだけど、
美術から遠ざかり『漫画』を描く東村アキコ。

自分に出来ることと、先生が望むことと、世間に求められるものに揺れ動く
東村アキコの心情が、赤裸々に描かれています。
繊細にじゃなく赤裸々にってところが東村アキコっぽくて凄く好きです。

『NANA』作:矢沢あい
                          集英社 Cookie

あらすじ
夢を持って上京する2人のナナ。上京する電車の中で出会った2人は
共同生活をはじめる。ナナの所属するバンドBlackStonesと、ナナの恋人
が所属するTRAPNEST2つのバンドを軸に物語が紡がれていく。

おすすめポイント
圧倒的画力。ファッションセンス。そして切ない物語。
矢沢あい(敬称略)の物語はなぜこんなに心に刺さるのか。
やはり、共感できるというのが大きい。こんなに美しい彼女も
かっこいい彼も、1人の弱い人間なのだと。
連載再開待っています!

『星明かりグラフィクス』 作:山本和音
           KADOKAWA HARTACOMIX

あらすじ
ものつくりの才能があるが人付き合いが苦手な吉持 星。
ものつくりの才能はそこそこだが人付き合いが天才的な園部 明里。
同じ美大に通う2人が短所を補いあい『星明かりグラフィクス』を
立ち上げる。

おすすめポイント
絵柄が好き。美大で出会った2人の女の子が成長していく姿は
とても良き。物語が面白いのか?万人受けするのか?
それは残念ながらNO。だからこそ、はまる人にははまる作品。
クリエイター気質の人におすすめ。星の才能がうらやましく
その才能のそばにいることを選ぶ明里の強さに感動します。

『BLUE GIANT』 作:石塚 真一
         小学館 ビッグコミック

あらすじ
河沿いでひたすらサックスを練習する青年。
サボるとか妥協するとか一切なく、ただ真っすぐに、
自分が好きになったサックスと向き合う。
彼とサックスの物語。

おすすめポイント
主人公の魅力が図抜けています。
『サックスが上手くなりたい』行動原理の分かりやすい
キャラクターはただでさえ魅力的なのに、こんなにカッコよく
まっすぐにいられたらそりゃもう好きになりますよ。
自分も真っすぐに生きたいってなりますよ。
ただの練習シーンがここまでカッコいい作品はないと思います。
是非、彼の生き様を見てください。
きっと心に残る作品になるはずです。

『ハチミツとクローバー』 作:羽海野チカ
             集英社 クイーンズコミック

あらすじ
変わった人が多い美大。その中でもさらに変わった人があつまると
言われる寮に住む美大生たちの恋愛もの。

おすすめポイント
恋愛ものというくくりにしましたが、人間関係がとても良い。
もはやヒューマンドラマ。美大生ならでは価値観で人間関係が
変わったり。クリエイターとしての才能はずば抜けているけど、
コミュ障だったり。
凄い才能ある人に欠点があると魅力的ですよね。
この作品のキャラは全員秀でた部分があり、欠点もあります。
きっと共感できるキャラが見つかって、好きな作品になると思います。

『ハレルヤオーバードライブ』
 作:高田廉太郎
 小学館 ゲッサン少年サンデー

あらすじ
好きな女の子がきっかけでバンドを始めた主人公。
人に気持ちを届けるために歌い、音楽を学んでいく。
音楽を通して人と人とが繋がっていくハートフルなバンド物。

おすすめポイント
キャラクターが全員可愛い。
メインキャラクターのほとんどが高校生で、
それぞれに悩みがあり、音楽を通して解決し、
大人になっていく。
それと、絵!歌っている時の描写がとても綺麗です。
主人公が歌うと水滴が空間にふわふわ浮きます。
ライバルが歌うと羽がファッサーと舞います。
音楽漫画好きなら是非読んでみてください。

『BECK』 作:ハロルド作石
 講談社 月刊少年マガジン

あらすじ
音楽と出会った天才少年がギターに愛された天才と
バンドを組み世界に名を轟かせる。

おすすめポイント
話の盛り上げかた、演出が最高。肝心なシーンは見開きで、
セリフはなく、キャラの表情で衝撃を伝える。
ハロルド作石(敬称略)はこの演出がとても上手で、
世界観がめっちゃカッコいいです。
この作品からハロルド作石の作品にどっぷりはまっちゃってください。

『四月は君の嘘』 作:新川直司
 講談社 月刊少年マガジン

あらすじ
ピアノの音が聞こえなくなった天才ピアニスト少年が
天才バイオリン少女と出会い、音楽の世界に舞い戻る。

おすすめポイント
絶対に最後まで読んでください。
きっと、あなたの信じた結末が訪れます。
タイトルの意味が分かるまで読む。
それだけがこの作品を楽しむ方法です。

『ピアノの森』 作:一色まこと
 講談社 モーニング、ヤングマガジンアッパーズ 

あらすじ
森に放置されたピアノを弾き続けた貧困街の少年が
音楽家に見込まれ才能を開花させていく。

おすすめポイント
青年になった主人公がマジで可愛くて美しくて尊い。
これが1番に言いたい。
作品はピアノを通じて主人公が成長していくのがとても良き。
序盤の『森のピアノ』を弾いていたからこその演奏をする
主人公も好きだし、終盤のピアノを通じて出会えた人々との縁や
これまでの経験を音楽に消化する主人公も大好き。
とにかく主人公が可愛いので、読んでください。

お仕事系漫画10選

『テラモリ』 作:IKO
  小学館 裏少年サンデーコミックス

あらすじ
時給に目がくらみ洋服(スーツ)屋で働くことになった主人公が、
その奥深い世界に引き込まれて行くお話。

おすすめポイント
スーツについての専門知識が身につく(しっかり読めば)
それもそのはず、作者のIKO(敬称略)はスーツ屋で働いていたそうな。
「漫画を読みながらちょっとスーツの事知りたいな」
そんな人におすすめの作品です。

『Stand by me 描クえもん』 作:佐藤 秀峰
 リイド社

あらすじ
漫画家を目指す主人公の前に自称『未来のお前』のおっさんが
現れて色々とアドバイスをするというお話。

おすすめポイント
とにかくリアルっぽい漫画家の闇を描いているという点。
実際に話を考えているのは主人公なのに、
原作者を名乗る原案者。
公式に否定はしないせず、作家を大切にしない出版社。
連載しているときだけ寄ってくる女。
どこまでがリアルなのでしょうか。
人気作家が書く作品なだけに、実際の業界で
あった話なのではないかという気になります。
佐藤 秀峰(敬称略)は『海猿』の作者でもあるのですが
まさか実話をベースに…と色々考えてしまいます。

『コウノドリ』 作:鈴ノ木ユウ
 講談社 モーニング

あらすじ
孤児院で育った産婦人科医の主人公が妊婦と赤ちゃん、そして周りの人々を救うために懸命に働くお話。

おすすめポイント
妊娠した時に気をつけるべき様々な事が学べる。「嫁が妊娠したから読んでみよう」はやめておいた方がいいです。不安になりすぎます。妊娠する前に勉強する気持ちで読んでおきましょう。もちろんエンタメとしても面白いのでおすすめです。

『アニメタ』 作:花村ヤソ
 講談社 月刊モーニングtwo

あらすじ
小さなころに見たアニメがきっかけでアニメーターになる事を
決めた主人公が実際にアニメーション制作会社に就職し、
原画担当を目指すお話。

おすすめポイント
作者の花村ヤソ(敬称略)は実際に
アニメーターとして仕事をしていた方です。
それだけに現場の雰囲気とかリアルな感じです。
さらにお給料の話は噂通りシビアな世界のようです。
アニメ好きな人に是非読んでもらいたい作品です。

いかがでしたでしょうか。

読んでみたいと思う作品が見つかったなら幸いです。

残り90作品、随時更新していく予定です。

暫時お待ちくださいませ。